ダム紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己新!でも、4時間の壁は厚かった・・・

<<   作成日時 : 2014/06/02 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週末、第31回カーター記念 黒部名水マラソンのフルを走ってきました。

去年位から大分自信もついてきたので、サブフォー狙いで練習をしてきた。
昨年秋の柏崎を皮切りに、12月の大島(中止)、勝田、青梅30K(中止)、そして今回の黒部が最後のエントリー。
練習不足による撃沈と大会中止。
今シーズン最後(まだトレイルとかはあるが。
練習の成果、それなりの期待感もある。

観光も兼ねたマラソン旅行なので、「観光」も楽しみたい!

土日前後の1日づつ有給休暇をとりウキウキだったが、妻が休みをとれず

土日2日間、楽しもう!!
黒部、楽しみ!!!

旅程は、横浜〜東京〜越後湯沢〜魚津〜宇奈月温泉。トロッコ電車で黒部の山を楽しみ、宇奈月で一泊。
※宇奈月以外、ただの乗り換え(笑)

〜旅行編〜

事前準備をしてたつもりが、出発前はなんかバタバタ。東京駅に着き新幹線に乗り込むと、ちょっと早いがビールに手を出してしまった。それからは、乗り換えのたびにビールを買い込み飲み旅行になってしまった(まあ、毎回そんな感じだ)。
越後湯沢では乗り換え時間がギリギリで何もできず(ビールとお弁当は買い込みます)、はくたかに乗り込む。

〔お弁当〕
画像
画像
どちらも、日本海の幸を味わえつつ、米どころだけあって米もうまい!
また、車窓の風景もさらに気分を高めてくれる。
画像
画像
駅弁を堪能しつつ魚津に到着。
画像
そこから歩いて新魚津に行くのだが、なんか空がおかしい。
画像
知らなかったが、魚津は蜃気楼が見られるので有名らしい。
あれが、蜃気楼なんだ。

新魚津からは地鉄電鉄で宇奈月まで。地鉄というから地下鉄かと思いきや、普通の特急でした^ ^
画像
しかし、この電車、中がすごい。

〔普通車両〕
画像
〔指定車両〕
画像
観光列車だね。
そうこうするうち、やっと宇奈月に到着!
ここから、本日のメインのトロッコ電車(^O^)/
画像
画像
画像
こんなのに乗って山を行きます。超?楽しみ!
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
とにかく壮大な風景を肌で感じられ、また、大好きなダムも間近で見ることができ、大満足でした。

投宿。
画像
中々立派なホテルです。
実は黒部付近のリーズナブルな所は全てうまっており、仕方なく。
でも、お高い分、お食事そして温泉、存分に楽しまねば!

夕食は、期待通りの懐石(^O^)/
〔献立〕
画像
画像
酒を飲むのも忘れ、舌鼓。明日の活力になりました。

〜マラソン編〜
当日はホテルの朝食が6:30〜。そして黒部への電車が1時間に1本しかなく宇奈月を7:18発。
一か八かで速攻朝食をすませるつもりでレストランに行ったが、バイイング形式でしかも、超混雑。
テーブルについたのが6:50位。どう考えても、電車に間に合わん。。
空腹でのランはキツイ。ので、タクシーで行こうと妻と話し、しっかり朝食をとる。
その後フロントでタクシー手配をお願いすると、20分以上待つとの事。
しょうがなく8:00発の特急に乗ることにしたため、会場入りはスタート30分前になってしまった。
受付を済ませ、荷物を預け、そして貴重品を預け。そしてそしてトイレに行き、スタート地点に着いたのは、ほぼほぼ号砲と同時
こんなバタバタ、初めてだなあ。

まあ、お祭りお祭り!と自分を励まし走り出す。

なんだか、こんな状態の方が気負いが無くて良いのか、走り始めから気持ちが良い。
兎に角暑かったので脱水症とか熱中症が怖いので、5キロ毎に給水&給食をするよう決めていたが、この大会のすごいところは、ほんの数キロ毎にエイドステーションがある。しかも、スタッフの方々がものすごく良い!!
こんなに不満とかストレスとか感じずに、逆に感謝を覚える大会もないんじゃないかなあ。

今までの自分はフルマラソンだと、6分以上/キロで何とか完走って具合だったが、練習の甲斐もあったのか5分半/キロ前後で30キロ地点までは行けた。
※初めての経験だ!

35キロからの「魔物」を本当の意味で経験したことがなく、今回は結構練習もしたし気持ち良いペースでどこまで行けるか。サブフォーと言う目標より自分の今のスペックを試してみたかった。

自分の実力では今までではありえない事だが、25キロ地点位でエイドでおにぎりやバナナ、そしてドリンクで息を付くと、まだまだ走れる。
そこで調子に乗ってしまったのか。更にペースを上げて撃沈。。
なのか、35キロの魔物に捕まったのか。

失速。

まだ練習量や練習の質から考えて、今の自分でサブフォーが難しいのはまあ、わかっていた。でも、努力目標とかではなく、30キロ地点で3時間切っていたし、行ける、との淡い期待もあり「根性論」を持ち出してしまった。

まあ、そんなに甘くない。

「練習は嘘つかない」

練習すれば見合った結果がでる。
練習せずに、努力目標や根性論は通用しない。
練習しても、見合った結果を出すのは辛い。
そこを乗り切るのが、根性!

勉強になったのはそんなところですかね。。

画像
画像


今回この大会を走ってみて感じた事。自分の事とかより、実行員会の方々はボランティアの方々の事前準備や当日の気配り、兎に角素晴らしい。
結構、不満を感じる大会も有ったりするけど、しつこいようだけど、この大会は素晴らしい!!!と思いました。

〜結果〜
画像
今までの自分からしたら、大満足の結果?!
満足した部分は、まず、フルマラソンって辛い、難しい、と思っていたのだが楽しめ、そしてレースをコントロールできる位の走力がついてきた事。結果、35キロで失速しましたが・・・・
ただ、今回のレースで更に自分の足りない所を再認識出来たので、来シーズンは”サブフォー!!!”かなあ。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



ダム紀行
お気に入りリストを表示
自己新!でも、4時間の壁は厚かった・・・ ダム紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる