Primo-JR

写真の知識は全く無いのだが、一種物好きな自分にとって衝撃的な出会いだった。
仕事の取引先(写真屋さん)で見つけた二眼レフカメラ。すんごくレトロな感じの国内外のものが陳列されていて、素人でも楽しめる。ローライとかヤシカとかリコーとかそして東京光学とか。
その中でもやたら光っていたのが「Primo-JR」と「Sawyer's」だった。売り物ではなく、コレクションとしてディスプレイしていたらしいが、無理言ってお譲り頂きました。
画像
おしゃれなグレーの革ケース、レンズカバーも当時そのままの純正をつけて頂きました。

東京工学というところで生み出された「Primo JR」。なんと1958年生まれ。私がお譲り頂いたのは、当時、女性をターゲットにしたグレーモデル。かの有名なローライでもやはりグレーモデルが有ったらしい。
                    〔東京光学〕
画像
                    
色々と二眼レフカメラについて調べてみると、1950年代の日本では数多くの物が出回ったらしい。それこそ舶来の高価な物に対抗した廉価版も。東京光学は当時2万円後半で高価な方だったらしい。

〔フィルム〕
画像MACO PHOTO PRODUCTS
HANS 0.MAHN & CO.
HAMBURG
GERMANY


上がモノクロ、下はカラー。国内では製造されておらずなかな入手困難との定評のある4×4(127)、ベスト版。クロアチア製などが出回ってはいるとの事。しかし、都内であれば、恵比寿の「大沢カメラ」さん、赤坂の「アカサカカメラ」さん等で、何気に手に入れるのに苦労はしない。
●大沢カメラ:http://www.oosawacamera.com/
●アカサカカメラ:http://www.akasaka-camera.com/

フィルムも入手し、現像してくれる店も見つかり結構楽しんでるが、画像の取り込みが出来ず、目下スキャナを物色中






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック