ダム紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 芦ノ湖一周ラン!

<<   作成日時 : 2014/08/20 03:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お盆休みに芦ノ湖、走ってきました。
以前何かの番組で見て、一度走ってみようと思っていた。
一周約20キロでちょうど良いし。

お盆休み初日(8月14日)、多少も雨模様だけど、どうせ汗でぐちょぐちょになるし、夏だし、寒くないし。強行決行。

まずは小田原。

画像


そこから箱根登山鉄道に乗り換える。

画像


運よく旧車両に当たり、若干一人はしゃぎ。
旧車両はエアコンもなく、お盆とあって激込で閉口したが。。
でも、登山鉄道としては勾配の急さは世界2番目とのこと。また、珍しいスイッチバック等、結構楽しい。

強羅からはケーブルカー、ロープウェイを乗り継ぐ。

画像


大涌谷の様子。雨で何も見えん。ひたすら硫黄の香りが漂う。

やっとの思いで目的地の桃源台に到着。

画像


滾々と降り続く雨に多少怯む。が、折角来たんだし、もともと覚悟の上なので走ろう。

スタートは海賊船の船着き場。

画像


反時計回りで行こう。
まずは、キャンプ場、なんちゃら水門を抜けると西側歩道。

画像


画像


森の中に入ると雨も気にならない。しかもずっと湖畔沿いなので道に迷う事もない。

安心して走り出す。

画像


なんか、良い感じのトレイルじゃん。

画像


所々、湖が望める良い感じの景色。

ああ、楽しい。

なんて思っていると多少道に険しさが。

画像


ランシューだときついな。岩ゴロゴロだし、雨でぐしょぐしょだし。
しかも、気にならなかった雨も大降りになり不安にかられる。一人だし。。

湖畔沿いとはわかっているが、常に木々に囲まれていると山中の様な感じでどこ走ってるのかわからなくなって、天候も相まって更に不安に。。

画像


画像


道が間違っていない事に安堵する。まあ、間違い様は無いのだが。
ただ、左は湖に向けた崖、右は山。何か有った時は行くか戻るかしか無いので、それなりの準備はしといた方が良い。
因みに、自分は500ml水×1、パワージェル(120cl)×2、塩熱サプリを携帯しました。まあ、運よく未使用でしが。

程なくトレイルを抜け一般車道に。

ここからは箱根園とか関所とか、土産物屋さんとか宿とか。
観光地です。

画像


桃源台から約10キロなので、ここで海賊船に乗り桃源台に戻るのもありかも。

あとはロードを消化。
箱根神社の辺りからまた湖畔の歩道が有ります。ただ、石畳でしかも石の間隔がありランには適さない。下手すると足をくじきます。

画像


画像


ガスってて何も見えませんでした。

続いて、またまた湖畔のハイキングコース。

またぐちょぐちょはやだなと思っていたら、ほぼほぼ舗装された林道的な道。

画像


画像


雨雨雨。

飽きてきた頃、ようやく桃源台が木々の合間に見える。

楽しかったのか辛かったのか、でも何気に楽しかった。

今度は天気の良い、涼しい秋とかに走ってみたいな。

帰りは小田原行きのバス。
宮ノ下手前で、いきなりのアナウンス。

「ここから渋滞に入ります。お急ぎの方は箱根鉄道のご利用をお勧めします。」

まあしょうがないよね。お盆だし。

バスを降り、駅に行く前にコンビニ探してビールでも買おう。

駅を通り越してコンビニまで歩いていたら、後続の方々が皆ついてきた。

すみません。

ビール飲みながら宮ノ下の駅に着くと乗り過ごした方々が次を待っていらっしゃる。

本当にすみません。

ともあれ、帰りも旧車両。

画像


楽しい一日になりました。

小田原に着いたら、居酒屋直行、当然の如く水分補給(ビール)をしたのは言うまでも有りません(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文



ダム紀行
お気に入りリストを表示
芦ノ湖一周ラン! ダム紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる