ダム紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士登山、初の御殿場口!

<<   作成日時 : 2013/07/21 22:23   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

祝!富士山、世界文化遺産登録!

めでたい事では、ある。

が。

年に一度のイベントとしている自分としては、混雑が気になる。
登録前も、シーズン中は兎に角混んでいる。
攻略本を購入し、定番の「吉田口」以外を検討する。

「御殿場口」

一番高低差があり、一番距離がある。
しかも、山頂まで日差しを遮るものが無く、地面は砂礫で足を取られる。
そして、山小屋やトイレも少なく環境的には、最悪。

ちなみに、

〔吉田口〕
・登山者数:18万9771人
・五合目:2,304m
※超人気で、五合目の賑わいもすごい。お店も沢山ある。ここに来ただけでも観光な感じ。

〔富士宮口〕
・登山者数:7万7755人
・五合目:2,390m
※一番、スタート地点の標高が高い。

〔須走口〕
・登山者数:3万5577人
・五合目:1,970m
※ここで、標高が一気に2,000mを切る。

〔御殿場口〕
・登山者数:1万5462人
・五合目:1,440m
※歴然として、スタート地点の標高が低い。ただ、「大砂走り」が名物で、3,040m位から5合目付近までほぼ一直線を一気に走り下りれる楽しみが味わえる!
※ガイド本には、日帰りは無理と書いてあったが・・・

まあ、登れなかったら途中で下れば良いし。当然、日帰り計画!

当日は、横浜から国府津まで行き、そこから「御殿場線」。
御殿場駅からはバス。
ちなみに、須走口もここからバスが出ている。
乗り換え案内で調べたよりも上手く乗り継げ、予定より約1時間早く御殿場口に到着。

画像

このスケジュールでの1時間前倒しは有りがたい。

準備も済ませ、いざ出陣!!
画像

画像
いきなり天候悪化?と思ったけど、多分もともと有った「雲」に入ったのだろう。
しかし、前が見えないのは、不安に駆られる。
画像
お〜!山頂が見える。
全貌を捉える様に撮影したため、緩やかな登りに見えるが。実際は結構、急。
しかも、砂礫に足を取られなかなか前に進めない。
これは、結構な体力消耗だ!
画像
若干、山頂が近づいてきた感じ。
でも、まだまだ遠い。
山小屋とか、岩場とか、そういう変化が無いので気持ち的に辛い。
画像
辛いから上を見ずに登っていると、なんと登山道ではなくブルドーザ用の道を登る羽目に。
やっと登山道に出たが、兎に角山頂がまだまだ先だ。
画像
途中山腹の切れ目見たいな所があった。そこに、雲がぶつかり方向を変え上に上る。
気流って不思議だ。
その山腹の切れ目から向こうは雲。こっちは晴れ。
画像
やっと山小屋。ここは、何合目なんだろう。
疲労感で言ったら、吉田ルートの本八合目位か?
画像

どのルートからでも、この雲海はやっぱ、最高だ!
先日北海道に飛行機で行き、途中雲海を飛行機から撮影したが、それはそれできれいだった。
でも、自分の足でここまで来てこの雲海。格別だ!
画像
更に進むと、なんと、まだ雪も残ってる!
画像
そろそろ、山頂到着の雰囲気が出てきた。
ただの岩かと思いきや、一応、石碑。
若干、高山病的な頭痛も感じ、あと、あまり登山に慣れていない方たちの無謀な下山と擦れ違い(TシャツにGパン。登り優先を無視して石をまき散らし、体当たり状態で駆け下りてくる)、やっとの思いで山頂に。
画像
辛かった割に、フィニッシュはなんかあっけない。
でも、火口を見下ろすと感動。
画像
吉田ルートの山頂は、お店もあり賑わっているが、ここはもともと日帰り客を相手にしていない。
お店も小屋も16時以降の開店らしい。
画像


何もない。

休む暇も無く、取りあえず下山しよう。

画像

天候が余り良く無くわかりにくいが、この山腹を直線で降りる醍醐味は、やってみないとわからない!
自分の足だけが頼りで、足腰に自信が有ればあのスピードでの滑降はたまらない!!!

あっと言う間に5合目付近にたどり着く(途中、若干飽きて、喫煙したりしてたけど)。

画像
達成感の後は、結局、コレ。

その後、御殿場駅までバスで移動し、近くの銭湯で汗(砂?)を流し、居酒屋で水分補給(ってビールだけど)。

日も暮れ、一泊したいな。
画像



そうそう、御殿場口にあったトイレ。
画像
なんか、化学兵器(生物兵器?)でも作っている雰囲気。
各便器は全て水が流れっぱなし。
循環技術を使ったトイレらしい。

上に行くと、水を地面に流せないらしくバイオ分解系のトイレで、入るのになかなか抵抗がある(しかも、有料)。

でもここは無料だし。

出来れば、登山前にここで済まし、下山後にここで済ますのがおすすめ。
※日帰りスケジュールの方への情報です。

ああ〜今年も楽しかったなあ。富士登山。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です!
年に一度のイベントと言う事は、毎年登っているんでしょうか???
自分は若い時に2度登りました!
ご来光が素晴らしかったので、また登りたいとは思うんですが、体力的に無理と諦めています・・・
ゆけむり
2013/09/06 17:03
ゆけむりさん

超〜〜〜〜〜〜!
ご無沙汰です。
相変わらず、おいしそうなものの情報、拝見してます!
この間、仕事で鎌倉に行った時も、ゆけむりさんの記事を思い出し、鎌倉女子のところを曲がって少し行った所の「おしどり寿司」に突撃しました。

富士については、自分に課したノルマ的な感じで辛いですが夏に登る様にしてます。

でも、最近は結構神奈川周辺の山も面白いです。標高もそんなになく、でも山っぽい。
その後の食事(ビール)が最高です。
ken
2013/09/12 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文



ダム紀行
お気に入りリストを表示
富士登山、初の御殿場口! ダム紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる